SMBCモビットで即日融資を受けるためのコツとは?

SMBCモビットで即日融資を受けるには二つです。

 

 

  • 振込融資
  • カードによるキャッシング

ですが、即日融資を受ける可能性を高めるにはそれぞれ注意点があります。

即日振込を受ける場合の注意点

SMBCモビットで即日振込を受ける場合は曜日と時間に注意する必要があります。SMBCモビットは大抵の金融機関に振込融資が可能ですが、

 

 

平日14:50までに振込手続き完了


という条件があります。契約日の即日振込となると、契約を全て完了し、SMBCモビットの会員サイトにログインして振込手続きを完了するのが平日14:50間でということになります。他の大手消費者金融でも似たような条件になっていますが、SMBCモビットとは条件の言い回しが違います。

SMBCモビットを含めた大手消費者金融の即日振込の条件
申込 即日振込の条件 金利 借入可能額
SMBCモビット 平日14:50までに振込手続き完了 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
プロミス 平日14:00までにオンライン契約完了 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 平日14:00までにオンライン契約完了 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 平日14:00までにオンライン契約完了 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートフォンではスライドして表が見れます。

 

プロミス・アコムは平日14:00までとなっていますが、これは契約がその時間までということであり、振込手続きの完了となるとSMBCモビットと同じくらいの時間まで可能です。

 

またプロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座への振込融資は、会員サイトで口座登録すれば24時間365日最短10秒で振込が完了する瞬フリがありますので、この二つの口座を持っていれば時間・曜日関係なしに振込融資が可能です。

 

アコムの場合は楽天銀行と提携しているので、楽天銀行の口座への振込融資はメンテナンス時間を除く24時間365日最短1分で可能です。無利息サービスの有無なども考慮して即日融資に最適なカードローンを選ぶのが賢い選び方になります。

即日振込に最適な大手消費者金融
申込 無利息サービス 金利 借入可能額
SMBCモビット なし 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
プロミス 初回30日無利息サービス※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 初回30日無利息サービス※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最大30日金利ゼロサービス※2 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートフォンではスライドして表が見れます。

即日カード発行してキャッシングして即日融資を受ける場合の注意点

土日などの金融機関が休業の場合には即日振込を受ける事はできません。(プロミス・アコムは前述の対応機関であれば可能)

 

この場合は自動契約機、SMBCモビットの場合はローン申込機という名称ですが、ネット申し込みをした後にそのローン申込機にカードを取りに行くと言う手順になります。そうなると

 

 

自動契約機がどれだけ多く設置されているかによって、あなたの即日カード発行の可能性が高くなるかが決まります。


SMBCモビットを含む大手消費者金融の自動契約機設置台数
申込 自動契約機設置台数 金利 借入可能額
SMBCモビット 435台 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
プロミス 1700台 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 1700台 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 1109台 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートフォンではスライドして表が見れます。
※2017年1月現在の台数です。

 

プロミスは三井住友銀行カードローンの自動契約機でもカード発行できるので、ダントツの自動契約機設置台数になっています。

 

また、SMBCモビットのローン申込機はBOXタイプのものがほとんどで、ATMを併設していないのでカード発行した後にコンビニかどこかでキャッシングしなければならないというデメリットがあります。

 

小さい土地を間借りしてBOXを設置しているので見つけにくいというデメリットもあります。(SMBCモビットにすればここでコストカットを計っています)

SMBCモビットも即日融資に優れているが最も即日融資に優れているのは?

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
SMBCモビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

あなたにピッタリな即日融資可能なカードローンを検索


勤務会社の休みの日にSMBCモビットは即日融資可能?即日融資可能なカードローン

SMBCモビットはWEB完結で勤務会社の休みの日でも最短即日融資可能!その条件とは?

勤務先の休みの日には審査の最終段階で行われる勤務先への在籍確認の電話が『完了せず、契約が勤務先の翌営業日まで延期になり、申込日に即日融資を受けることができません。普通の会社であれば、土日祝日にこういった状況に陥る事も多く、飲食やショップでは平日にもこういった会社の休業日というものがあります。

 

SMBCモビットの場合はWEB完結という申込方法があり、電話連絡なし・郵送物なしで申し込めるので、勤務先が休みの日でも審査・契約が完了できて最短即日融資も可能です.。ただし、利用には諸条件がありますので、それを満たす方のみの利用になりますので注意してください。

 

 

  • カードレスになりますので振込融資のみとなり、三井住友銀行若しくは三菱UFJ銀行の口座が必要
  • 健康保険証の提示が必要になりますので正社員じゃないと申込めない

以上の条件を満たす方ならSMBCモビットのWEB完結に申込めますので、勤務先の休みの日でもSMBCモビットで最短即日融資が可能です。

 

>>SMBCモビットのWEB完結に申込む

勤務会社の休みの日にSMBCモビットの条件に合わない・SMBCモビットのWEB完結以外で即日融資を受けたい

勤務会社の休みの日には在籍確認がネックになる事は前述の通り。ではSMBCモビットのWEB完結の条件に合致しなかったり、SMBCモビットが気に入らなかったりした場合は、勤務会社の休みの日の即日融資は不可能なのか?

 

 

大丈夫です。プロミスなら勤務先への電話確認を別の方法で確認する相談が出来るので、勤務会社の休みの日でも最短即日融資可能です。


これはSMBCモビットのWEB完結のような条件はありません。相談の方法は、

 

 

  • ネット申し込みをしてからプロミスに電話して相談する
  • 審査後にプロミスから掛かってくる申込内容の確認の電話の際に相談する

いずれかで相談すれば勤務会社の休みの日でも、プロミスで最短即日融資が可能です。

 

>>プロミスに申込む

即日融資を受けるのはいいけれど返済金額も多く出せない・・・SMBCモビットの最低返済額は?

 

即日融資を受けて今必要なお金は手に入れた。しかし当分返済も厳しい・・・


こういった場合は、最低返済額の低いカードローンに申込まないと、いざ返済日に返済金額が足りないということになれば、

 

 

最高20.0%もの遅延損害金が掛かってきますし、個人与信情報にも返済遅延という履歴が残ってしまう事になります。


SMBCモビットの場合は、借入後残高スライド元利低額返済方式で、

最終借入後残高 返済額 最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円 50万円超過 60万円以下 16,000円
10万円超過 20万円以下 8,000円 60万円超過 70万円以下 18,000円
20万円超過 30万円以下 11,000円 70万円超過 80万円以下 21,000円
30万円超過 40万円以下 11,000円 80万円超過 90万円以下 24,000円
40万円超過 50万円以下 13,000円 90万円超過 100万円以下 26,000円

以上のようになっています。残高スライド方式というのは借入残高により、最低返済額が減っていく方式で、ほとんどのカードローンがこの返済方式を採用していますが、最低返済額はそれぞれ違います。

最短即日融資可能なカードローンの最低返済額の比較

カードローン 残高5万円 残高10万円 残高15万円
プロミス 2,000円 4,000円 6,000円
アコム 3,000円 3,000円 6,000円
SMBCモビット 4,000円 4,000円 8,000円

この表を参考にして、自分の返済可能な金額のカードローンの中から選ぶのが後々楽になります。

SMBCモビットは専業主婦でも申込める?専業主婦でも即日融資可能?

最短即日融資も可能なSMBCモビットですが、消費者金融ですので総量規制の対象業者になります。ですので収入のない専業主婦ではSMBCモビットに申込む事は出来ません。

 

総量規制には例外があり、配偶者の収入と合算して貸付を行うことが出来る『配偶者貸付』というものがありますが、適用するには諸条件がありSMBCモビットやプロミス・アコム・アイフルなどの大手消費者金融では採用しておらず、

 

 

全ての大手消費者金融で収入のない専業主婦は申込が不可能になっています。


では専業主婦が申込めるカードローンはないのかと言うとそうではありません。銀行カードローンの一部では収入のない専業主婦でも、配偶者(旦那さん)に安定収入があることを条件に、申し込みを受け付けてくれているカードローンがありました。

 

 

ただし、現在自己破産者が増えてしまったせいで、総量規制対象外の銀行カードローンが金融庁の規制を受けて、専業主婦が申し込めなくなりました


なのでこれからのカードローンは銀行カードローンを含めて基本、本人に安定収入が必要となります。

SMBCモビットには無利息サービスがない!無利息サービスのある最短即日融資可能なカードローン

無利息サービスは大手消費者金融特有のサービスであり、銀行カードローンにはないお得ナサービスですが、SMBCモビットにはありません。

 

 

  • 次の給料日にはすぐ返せる
  • 短期で返済できる

といった場合に特に効果が高いので、ぜひ利用しておきたいところです。このサービスがあるのはプロミス・アコムになり、どちらも30日の無利息期間ですが若干の違いがあります。

プロミス・アコムの無利息サービスの違い

まずどちらも利用するのに条件があります。

 

 

  • プロミス・・・メールアドレス登録とWeb明細利用の登録
  • アコム・・・35日毎返済の選択

プロミスはペーパーレス化にご協力いただければ無利息サービス利用可能といったスタンスの感じですが、アコムは35日毎返済の選択と、根本的な返済の根幹部分の選択を迫られます。35日後と返済となると、自動引落を設定する事もできませんし、何より月一の返済ではないので慣れないですよね。

 

次に無利息期間の計算のしかたです。

 

 

  • プロミス・・・初回の借入の翌日から30日無利息
  • アコム・・・契約日の翌日から30日無利息

わかり辛いかもしれませんが、申込んで契約してから最初の借り入れまで期間が空いた場合は、アコムでは無利息期間が30日から減少していくのです。プロミスの場合はまるまる30日取りこぼす事はありません。

 

即日融資希望であれば、アコムでも問題なく30日の無利息期間を得る事はできます。

お金を借りる上で即日融資というのはどうしても外せないポイント

SMBCモビットは申込条件さえクリアすればスピーディーに利用することができるということで高い人気のある業者です。こうした消費者金融を利用するにあたって、即日融資というのはどうしても外せないポイントとなります。

 

できれば申し込んだその日のうちに融資を受けたいというニーズは消費者金融を利用する人にとってある意味永遠のテーマともいえますし、逆にこうしたニーズに対応できないのであれば消費者金融を利用する意味がないとさえいわれています。

 

その点SMBCモビットは全く申し分がないのですが、SMBCモビットで融資を申し込む場合の方法としてはインターネットを利用した「WEB完結」を利用したいという人が多いのではないでしょうか。

 

もちろんWEB完結であっても即日融資を受けることは可能ですが、より確実に即日融資を受けるためのコツとしては、SMBCモビットへ申し込みをした後で「SMBCモビットに電話をする」というものがおすすめです。

 

WEB完結を利用したいという人の心情としては、できれば誰とも接触をせずに融資を受けたいというものがあるかと思いますが、ここでは敢えて申し込みをした後に電話連絡で確認を入れるということが大切です。

 

「さきほど申し込んだ○○という者ですが・・・」といった連絡を入れるだけでも審査にかかる時間を短縮することが可能であり、それだけ即日融資を受けられる可能性が高くなるというわけです。

 

SMBCモビットの場合、アコムやプロミスといった他の消費者金融業者と違い自動契約機というものがありませんし、特にWEB完結の場合は申し込んだらそれで後は連絡待ちといった状態になる場合がほとんどです。

 

また、銀行振込という関係からSMBCモビットに申し込む時間によっては即日融資が受けられない可能性もありますので、そういった意味でも電話連絡を入れて状況を確認しつつ希望を伝えるということは重要といえるでしょう。

 

もちろんそんなことをしなくてもSMBCモビットで即日融資を受けることは可能かもしれませんが、専業主婦は申し込みは無理ですので、より確実な方法をとりたいということであればこうした手段も考えておいて損はありません。

SMBCモビットで給与明細などの収入証明が必要な場合は?

SMBCモビットは、インターネットで申し込みから契約まですべて行うことができるという特徴があります。

 

ネットだけですべて完了するため、非常に利便性が高く手続きそのものもスピーディーかつスムーズといった印象がありますが、かといって審査そのものがおろそかになっているというわけではありません。

 

当然ながらSMBCモビットでもキャッシング業者である以上は、返済能力について一定の審査をする必要がありますし、その判断ができない場合には融資を受けることはできないということになります。

返済能力を測る最も重要な指標といえば収入

です。融資を行う金額がそれほど多くなければともかく、高額になればそれだけ収入についても確認する必要が出てきます。

 

そのためSMBCモビットにおいては審査を行う際には電話で収入証明の提出を求められます。(私が実際に申込んだ際も小額借入枠でしたが求められました。)。

 

他の消費者金融のカードローンでは、他のカードローンの借入額の総計(銀行カードローンの金額は除く)と借入希望額の合計が100万円超なら収入証明提出を求められるのでSMBCモビットも同等の提出を求められると考えられます。

 

編集者が申込んだ時の実際は・・・

私が申込んだ際には収入証明書の提出を求められました。借入状況・希望額・年収・就業状況等は、

  • 借入状況・・・プロミス・アコム・楽天銀行カードローンのカードをそれぞれ50万円の借入枠で所有。借入はなし。
  • 借入希望額・・・50万円
  • 年収・・・1000万円
  • 就業状況・・・会社代表

という状況。収入証明書の提出を求められましたが、あくまでも任意で提出にご協力くださいというスタンスでした。

 

借入はないとは言え他のカードローンでいつでも借入可能な150万円の借入枠があるわけですからそれは借入しているのと同等の扱いになります。

 

そうなると借入希望額が50万円と比較的低額でも年収の確認がやはり必須になるので収入証明書の提出を求められてもおかしくない状況です。

 

また、会社役員・自営業は業績に所得が影響されやすい為に審査には不利な立場ですのでこれも収入証明書の提出を求められる理由の一つになるかと思います。

 

しっかりとした収入があるのなら不利な状況にある場合ほど任意に求められる収入証明書の提出に積極的に応じた方が審査には良く影響するはずです。

SMBCモビットでの在籍確認と10秒簡易審査

SMBCモビットでは金融業者の審査時に必要な電話連絡が無くても利用出来る仕組みもあり、まずは他の金融業者と同じような年収や勤務先、勤続年数や雇用形態、他社借入や個人信用情報といった要素を複合して審査結果が出される事は同じです。

 

こうした情報をこちらから提示して、その内容に嘘が無いかどうかを在籍確認電話や個人情報照会によって判定していくものですが、

 

 

SMBCモビットではWEB完結によって電話連絡なしで融資を受ける事が可能になります。


この勤務先への電話連絡無しでWEB完結で審査に通る為には条件設定もあり、

 

 

指定の銀行口座(三井住友銀行・三菱UFJ銀行口座)を持っている事と健康保険証や組合保険証を持っているという条件を満たす必要があり、この条件を満たしていると電話連絡無しで融資を受ける事が出来るようになっています。


在籍確認電話がかかってきても大丈夫と言う方は、会社に知られてしまうという不安を持つ方も居ますが、

 

 

基本的には消費者金融の名前でかけてくるわけではなく、個人名にて電話がかかってきますからバレる心配も無いです。


これは本人が電話を取り継いで出る必要もなく、席を外していたり会社を休んでいても在籍しているという事実さえ確認出来れば良いですから、電話に出た会社の方が現在席を外していますと言えばそれで完了ですし、審査に通った後は契約条件に従って返済していけば良いです。

 

WEB完結で家族や会社に知られる事なくSMBCモビットで借金を行う場合は、審査クリア後の返済を徹底させる事は必要であり、借金返済日を忘れたり延滞遅延を行ってしまえば電話連絡が来ますし、もちろん郵送物も自宅に届く事になって家族にも借金が知られてしまいます。

 

借金返済を徹底すればメールでのやり取りでSMBCモビットとの関係を保つ事が出来ますし、何回でも周りに知られずに借金を行う事が可能です。

 

申し込みを行った当日の間に借金したい場合は、14時50分までに振込手続きまで完了させる必要がありますから、余裕を持って取り引きすると良いです。

SMBCモビットの10秒簡易審査とは?

SMBCモビットの10秒簡易審査とは、事前審査が10秒で完了するというもの。

 

 

つまりこれで審査可能と出た場合は本審査へ融資不可能と出た場合は申込不可なので本審査が可能かどうかの事前審査だから申込不可能かどうかが分かるシステムです。


あとアコムはネット決済の主流のクレジットカードの審査が通らなかったのでアコムマスターカードが年会費無料で作れるので重宝しています。やはりお金が必要な時は、殆どの場合「今すぐに」と言う思いがありますから、審査は可否いずれの場合でも早い方が望ましい。

 

その点SMBCモビットなら公式サイトにいけば、10秒簡易審査できますので、電話で申し込み云々の前にこの審査をしてもらい、その結果を待てばキャッシング出来るかがすぐにわかります。SMBCモビットの10秒簡易審査は、

 

 

まず審査に必要な必須情報を入力し⇒入力後はその内容を確認し申込みするという簡単なもの


で、およそ10秒待てば本審査が可能かどうかを知る事ができるので、無駄に本審査で長い間待つ必要がありません。

 

ただし、10秒簡易審査が利用できるのは、朝9:00〜夜9:00までとなりますので、それ以降の事前審査の結果は、翌日の朝9:00以降となりますので、事前審査結果を早く知りたいと言う方は、朝の9:00〜夜の9:00以内に事前審査を行いましょう。

 

SMBCモビットのキャッシングに伴う利率は、3.0%〜18.0%で、返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式となり、返済期間は(最長)8年10ヶ月となりますので、SMBCモビットでの借り入れを検討される場合は、こうした金利等も十分に認識し、返済計画等も確りと行い検討してください。

 

SMBCモビットのキャッシングは、この要に非常に審査も早く、審査が通ると融資も即日となりますので、「困った」時には、頼りになりますが、審査には、年齢、勤続年数、他社の利用状況等も審査となりますので、借入が多い場合は、審査結果も厳しくなります。ですが、SMBCモビットのキャッシングは、バイトやパート、自営業者の方でも申込み可能ですので、「困った」と言う時には、まずはこの10秒簡易審査をお試しください。

 

いずれにしてもSMBCモビットは、キャッシングを申し込むにあたり、10秒簡易審査後本審査の結果を知る事ができるので、急ぎのキャッシングを必要とする場合は、最適だと思います。ちなみにSMBCモビットの申し込みは、

 

 

  • 携帯
  • FAX
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込み機

等から申込みが可能ですし、振込キャッシングを希望する場合カードが届く前にSMBCモビットのキャッシングを利用できます。

私がSMBCモビットを使い続けている理由

SMBCモビットは店頭窓口は持っておらず、申し込みや問い合わせは

  • インターネット
  • FAX
  • 電話

などで受け付けていおり、20歳以上69歳以下の方で安定した収入のある方が申込をすることができます。なお、担保や保証人は不要です。

 

SMBCモビットカードローンの利用限度額は800万円で、金利は3.0%〜18.0%の範囲内で決まります。

 

実際にSMBCモビットから降りる融資限度額や金利は申込者の与信によってかわりますので、自分がどれくらいなのか気になる方はまずはSMBCモビットに申込んでみれば審査結果が出ないと分かりません。おおよそではSMBCモビットは消費者金融なので、総量規制により年収の1/3以下と見ておくのがいいでしょう。SMBCモビットで借り入れる際には、

  • インターネット
  • 電話

で指定の口座に振り込んでもらうことができます。その他にも、

  • 提携のATMからキャッシングする

ことができます。提携ATMをご利用の際には残念ながら手数料が必要です。1万円以下の利用では105円、1万円超の利用では210円です。

 

返済の方法は、銀行振り込みや、口座振替、その他にも提携ATMを使って返済することができます。

 

返済額は借入が増えればその分大きくなってしまいますので、みなさま借りすぎにはご注意しましょう。

 

毎月の返済額は、借入金額によって変わります。たとえば借入金額が10万円以下ですと月額4,000円ですが、借入金額が50万円ですと13,000円になります。その返済日は毎月の5日、15日、25日、月末の中から初めに自由に選ぶことができます。

 

また、資金に余裕があれば繰上返済をすることもできます。私の借りた消費者金融一覧の中でも大手の3企業はとても良かったです。プロミスでは30日無利息期間(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)が付いているので一番初めに申し込みました。家に明細書が届いて家族にフリーローンを借りているのがばれるとまずいのでSMBCモビットを開設しました。

 

あとアコムはネット決済の主流のクレジットカードの審査が通らなかったのでアコムマスターカードが年会費無料で作れるので重宝しています。

SMBCモビット利用体験者によるFAQ

SMBCモビットの120万円あった限度額が0円になってしまいました

 

SMBCモビットでカードローンを組んでいます。6月7日付で120万円あった限度額が0円になってしまいました。延滞などはしていません。しかし、少額を借りては返し…を繰り返していました。この借り方が原因でしょうか?それとも、法律改正の影響でしょうか?


 

2010年6月18日までに完全施行された賃金業法の改正のためです。消費者金融会社の借り入れのみが対象になっています。消費者金融会社は、借り入れる人物の年収の3分の1以上を貸し付けることができません。

 

そのため、SMBCモビットでは6月7日に申告していた年収の3分の1以上の貸し付けを行っていた利用者に対して限度額を0と設定しました。

 

年収が契約当時よりも上がっているのであれば、収入証明書を提出して審査をすればまた新しい収入の3分の1までは借入れることができます。SMBCモビットでの借入だけでなく、他社での借入も合計されますので注意してください。SMBCモビット+他社で年収の3分の1以上を借入していませんか?

 

この法律改正では銀行のカードローンは規定外となっています。「借り換え」目的で新たに融資可能な銀行ローンへの乗り換えをお勧めします。「おまとめローン」といったサービスを利用すれば、これまでよりも低金利で融資を受けることができる場合もあります。


SMBCモビットでは怖い人が取り立てに来ることはあるのでしょうか?

 

SMBCモビットに融資の申し込みをしたところ、審査が通りました。家賃以外の生活費として月に8万円必要なので、とりあえず15万円を借りようと思っています。

 

しかし、雪だるま式に借金が膨れあがり、やくざのような人が取り立てに来るなど大変なことになってしまうのではないかと心配です。使わない方が無難でしょうか?


 

生活費に充てるようでしたら、返済能力に心もとない印象を受けます。おっしゃるように債務だけが膨れ上がり、やがて返済も滞ってしまうでしょう。

 

やくざが自宅に押しかけてくるというようなことはありませんが、督促の電話はかなりしつこいということを覚悟しておいてください。さらに返済の期限が伸びれば裁判所からの支払い命令が来るなど大騒ぎになります。

 

テレビCMでもよく流れていますが、ご利用は計画的にというのは本当です。本当に借りることになるのであれば、返済計画を綿密に立てましょう。審査が通ったことで借りることが癖になり、軽い気持ちでキャッシングを繰り返してしまうことになります。

 

できることであればSMBCモビットのような消費者金融からは借りない方が良いでしょう。生活費程度のことであれば、まずは親や親戚などに相談することをお勧めします。


SMBCモビットでおまとめしたいのですが審査が不安です

 

年収220万円です。現在、3社で130万円ほどのローンがあります。

 

SMBCモビットに融資の申し込みをしたところ、100万円以上の融資が可能で金利を15%にするとのことでした。この機会に借り換えを使用と思うのですが、審査が通るのか不安です。


 

毎月の返済額はいくらでしょうか?仮に15%の金利で100万円借りれば、毎月最低でも3万円ずつの返済が必要となります。3万円の返済で3年半、2万円の返済で7年です。あなたにとって3万円の返済というのはどうでしょうか?

 

借り換えた方が楽になるのであれば検討してみてはいかがでしょう。SMBCモビットはおまとめローン商品はありませんので、まず貸金業者からの借入総額が年収の1/3以下じゃないといけませんが、その範囲なら「借り換え」が目的の場合でも、融資を受けることは可能です。

 

ただ、余計なお世話かもしれませんが220万円の年収で130万円の借り入れは綱渡りのような状態ではないでしょうか。消費者金融での貸し付けは法律で年収の3分の1までと決まっています。

 

これ以上の借り入れは慎重に行うのはもちろんのこと、できれば行わない方が良いでしょう。借り換えを行うことができて、返済金額に無理が無いようでしたら副業を行うことも視野に入れて一刻も早い返済をお勧めします。ご利用は計画的に行ってくださいね。