カードローンを利用する前に出資法を正しく理解する

貸金業の金利を取り締まる法律

出資法とは出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律のことで、日本国内でお金を貸付する貸金業者などの金利などを取り締まる法律となります。そのため出資法での規制が無ければ貸金業者などは任意の金利を自由に設定できることになる為、

 

 

出資法があるからこそ貸金業者への歯止めがかかっていると云えます。


現在の出資法では金利の上限が20%になっていますが、これは出資法の改正があったためで改正前は29.2%という金利が上限となっていました。これは利息制限法で定めていた20%の上限金利を上回る金利で、この差がグレーゾーン金利と呼ばれる

 

 

利息制限法は越えるが出資法は越えないため法的にグレーとなる金利帯を生み出し、それによる高金利での貸付が横行する原因となっていました。


それを解消するため出資法改正が行われ、上限金利は出資法も利息制限法も同じ20%に改正されたわけです。

利息制限法と出資法の立場

利息制限法と出資法の上限金利の違いとしては、利息制限法は借主を守るための法律で、出資法はお金を貸す業者側を規制する法律となります。そのため根本的な法律の意味自体が異なりますし、出資法の場合は違反をすれば業者に対して厳しい罰則が課せられます。

 

罰則の内容は違反する内容により異なりますが、5〜10年以下の懲役、もしくは1000万円〜3000万円の罰金刑が課せられ、

 

 

更に貸金業者としての営業停止処分なども行われることになります。


そのため出資法を守らない場合には非常に重い罰則が科せられることになるわけです。