SMBCモビットにも関係する総量規制とは?

貸金業者と銀行の違いが総量規制の基

お金を借り入れる金融機関としては、主に銀行と貸金業者があります。お金を借りることができる金融機関という点では共通していますが、銀行と貸金業者では大きな違いがあることに注意しなければなりません。

 

 

銀行と消費者金融のどっちで借りようかなぁ?


消費者金融をはじめとした貸金業者は、貸金業法に定められた総量規制という規制の対象となっているのです。貸金業者を利用する場合は、年収の3分の1までしか借りることができません。銀行は銀行法という法律に従って事業を営むため、総量規制の対象外です。

 

 

申込む前にしっかりと総量規制を理解しましょう。


多重債務防止の為に設けられた背景

規制が設けられていなかった頃には、借りすぎたお金を返済することができなくなるケースが多発しました。そのため、多重債務を防止するために強制的な上限を設ける必要性が高まり、総量規制が設けられることになったのです。

 

 

自動車ローンは3分の1以上でも大丈夫だよねぇ・・・


但し、総量規制の対象外となる商品があります。例えば、自動車ローン・住宅ローン・不動産担保貸付などです。総量規制対象外には、除外と例外の2種類があることに注意しなければなりません。

 

 

自動車ローンは除外項目なので3分の1以上でも可能です。


消費者金融のおまとめローンも総量規制の例外に該当する

除外というのは最初から総量規制の対象になっていない借入で自動車ローンや住宅ローンなどが含まれます。これに対して例外というのは総量規制の対象にはなるものの返済する能力があると判断された場合は借り入れることが可能になるものです。

 

 

複数件から借りてるからまとめないとヤバイかも・・・


たとえば、複数の業者から借り入れている分を1つにするおまとめローンという商品がありますが消費者金融を利用して借り入れる場合でも、おまとめローンは例外扱いに該当します。

 

 

おまとめローンなら総量規制対象外なので消費者金融利用も可能です。