利息制限法が定めるカードローンの上限金利とは?

利息制限法は、法律によって、この金利までにするように求めているものであり、法律ですから違反することは許されていません。これは金額によって変更されているものであり、

 

 

  • 10万円未満なら20%迄
  • 10万円以上で100万円未満なら18%迄
  • 100万円を超えるようなら15%迄

に制限するように求められています。この数字は、改正されることによって制限が変更されることとなったものであり、過払い金として貸金業者が儲けを大量に手に入れたり、支払いをする人が困難にならないようにする法律となっています。

出資法上限金利超過の罰則と利息制限法上限金利超過の処分

もしオーバーすることになれば、刑事罰を受けることとなりますが、行政によって処分される部分も用意されています。それは、10万円以上の借入をしていて、なお且つ金利が20%以下であることです。

 

 

利息制限法上限金利と20%の間での貸付はどうなるんだ・・・


本来利息制限法によって指定されている数字を超えて、20%以下の数字迄で金利をしていた場合は行政によって処分を受けます。20%を超えてしまっている場合は刑事罰となりますので逮捕されることもあります。

引き直し計算とは?

過去に支払いすぎてしまっている状態で現在の利息制限法に戻す際に引き直し計算というものが採用されています。これは支払いすぎている過払い金について元本を減らす目的で補填して元本の数字を減らすことができる方法です。

 

 

過払い金を元本返済に補填することも可能なのかぁ・・・


過払い金として請求される場合、完済している方が多いので、完済していない方の場合は、元の状態まで戻して元本の引き直し計算をします。この方法は債務整理でも行われています。