総領規制によるカードローンへの影響

総量規制による消費者金融の貸付に与えた影響

総量規制により消費者金融では申込者の年収の3分の1以内にローン残高が制限されることになったので、信用伸縮効果がもたらされました。

 

 

収入証明は幾ら以上から必要なのかなぁ?


 

 

1件から借りる場合と2件以上から借りる場合とで条件が違ってきます。


しかもこの総量規制は一つの消費者金融で50万円以上か、2つ以上の消費者金融(信販会社・クレジット会社含む)で合計で100万円以上のローン利用が発生する時には必ず所得証明書を提出する義務が発生するので、金融会社及び利用者双方に、より手間がかかるようになり審査のスピードは落ちるし、なにより貸付の他社(銀行等)へ申込者が流れる要因になりました。

総量規制による銀行の貸付に与えた影響

一方、銀行ではこの総量規制の対象外となりましたので、消費者金融の顧客の流れの受け皿となると同時に、自ら消費者金融をグループの中に取り込んで保証会社としてつけることで、より銀行の貸付商品の弾力化を図りました。

 

 

消費者金融から銀行へ流れた人達の審査はどうなんだろう?


具体的にはカードローンなら利用極度額を大きくしたり、申込額に関わらず思い切って

 

 

所得証明書の提出を不要とする扱いなど対応は以前よりも柔軟になっていますが審査は今迄通り何も変わっていません。


消費者金融で総量規制対象外となる貸付とは?

この業界で総量規制の対象外なる貸付には事業資金貸付とかおまとめローンに関係した貸付、有価証券担保貸付、不動産担保貸付、手形の割引などがあります。大まかに言って事業性資金、担保を伴う貸付、

 

 

おまとめなどで利用者のメリットに結びつく貸付が総量規制の対象外になります。


専業主婦が利用可能な貸付にはどんなものがある?

消費者金融は専業主婦に所得がないことを前提として、また総量規制に抵触するため、貸付には消極的ですが、逆に他の金融機関、特に銀行はその制限を受けないので専業主婦でも貸付に積極的です。たとえばカードローンだと、

 

 

専業主婦に10万円〜30万円、中には50万円もの利用極度額を与えている銀行


もあります。配偶者に一定の安定した収入があることを条件としているところが多いです。カードローンを除き他のローンではまだまだ専業主婦には敷居が高いと思われます。