カードローンの金利のグレーゾーンとは?

現在ではすっかり聞くことがなくなりましたが、過去10年近く前まで消費者金融の貸付けで大きな問題となっていたのが、所謂グレーゾーン金利と呼ばれるものでした。

 

 

過払い金返還請求ってよく聞くけど何なの?


最近の若い人には聞き慣れないキーワードかもしれませんが、過去にお金を借りていた人たちを過剰な金利で苦しめていた

 

 

キャッシングの金利の過払い分を請求できるものだよ。


このグレーゾーン金利というものは、貸金業者が従わうべき「利息制限法」の上限金利を超えるものの、別の法律「出資法」の上限法律を超えない金利までの間の、後々違法と判決が下されるまでの間、

 

 

何の罰則もないまま取られ続けた利息のことなんだけどね。


グレーゾーンが発生した根源

本来貸金業者が基づき貸付業務を行わなければならない法律は「利息制限法」です。利息制限法では、その金利を貸付け金額によって制限を付けています。

 

 

  • 10万円未満については20%
  • 100万円までは18%
  • 100万円以上を15%

としています。貸付け金額は大きくなるほど、金利の上限を下げるよう厳しく設定されているのです。一方出資法はというと、つい最近まで上限金利を29.2%としていましたのです。

 

 

気づかすに返済してたってことよね。


先の利息制限法の上限は15〜20%なので、その差は10%前後と大きく離れたものとなっていて、その差の金利のことをグレーゾーン金利と呼ばれていたのです。現在色々なメディアのCMで目にしている「過払い金請求」の対象となっているのは、

 

 

このグレーゾーン金利でお金を借入して、利息を支払った金額に対するものです。


平成18年の法改正によって、出資法の上限金利も20%にまで引き下げられ、利息制限法とほぼ同等となり、現在ではグレーゾーン金利の問題は殆どなくなり、「グレーゾーン金利」というキーワードも殆ど聞くことがなくなっています。