専業主婦の借入に関連する配偶者貸付について

配偶者貸付は、配偶者の収入と自分自身の収入を合算することにより、例え自身が主婦だった場合でもお金を借りることができるようになる制度です。

 

 

専業主婦でも配偶者貸付は利用できるのかなぁ?


日本においての借金問題は多く、その借金問題の解消の為に総量規制の制度を施工しました。

 

 

取扱っていない金融機関もあるし消費者金融では更に条件が加わっているところが殆どなので配偶者貸付を利用するのは現実的ではないです。


しかし、総量規制の施工により今まで年収が低くても借りる事が出来ていたパートやアルバイトの身分でも安易に借りる事もできず、仮に借りれたとしても年収の3/1しか借りる事が出来なくなってしまった為、利便性にかけるケースが多いです。

配偶者貸付のメリット

そこで配偶者貸付では、パートアルバイトの単身の状態の年収で数えるのではなく、旦那の収入と合算を行うことでお金の融資を行うことができるようになりました。総量規制と配偶者貸付の中で大きな違いは配偶者貸付の場合は、

 

 

通常の総量規制に基づく融資よりも多くのお金を借りれる可能性があります。


何故なら一人分の年収の3/1ではなく二人分の合算した年収の3/1を借りる事が可能だからです。しかし、利用をする際は配偶者を証明する書類の作成及び配偶者の同意が必要となりますが、ここで注意していただきたいのが、

 

 

配偶者貸付は夫に内緒で借りるというわけにはいかないわねぇ・・・


配偶者に同意をいただいて申請をしてお金を借りる事となります。この借りたお金の返済を行わなければならない人は、その申請をした配偶者のみで配偶者の旦那には返済義務がないという事が決まっています。

 

 

銀行カードローンでは融資が可能な額は低いですが内緒で借りることも可能です。


仮に返済できなくなってしまうと、旦那が返済することもできますが旦那側は言わば被害者という立場で裁判を起こすケースもないとも限りません。ですので配偶者貸付でお金を借りる以前に夫婦で十分に話し合う必要があります。