在籍確認の会社への確認電話を掛けずに別の手段を相談できるプロミス

消費者金融は借り入れ申込者の返済能力を計るために、電話による会社への在籍確認を行うことが通例となっています。プロミスの場合も同様で電話により本人の在籍確認が行われますが、プロミスの名前を出す事は無く担当者個人の名前で行われます。

 

とはいうものの勤め先の会社の業種や、同僚の人の経験などによっては金融機関の名前が出てこなくてもなんとなく察されてしまう可能性もあるので、そのような事が嫌であったり何か問題が生じてしまうような場合には、以下の方法をとることによって会社への在籍確認の電話を無くす事が可能になっています。

 

プロミスの場合電話による在籍確認を回避するために取れる方法としては電話での在籍確認の代わりに給与明細や社員証など、各種会社に借り入れを行う人が在籍している事を証明する書類を提出すれば回避する事が可能になっています。

 

これはただ回避したいだけと言った場合だけではなく、借り入れる人が自身の会社が休日の時に融資の申し込みを行った場合当然電話をして在籍確認を行う事はできませんので、そのような場合にも同じように各種在籍を証明する書類の提出を求められます。

 

強く電話を拒むのが後ろめたいといったような場合には、このように休日に融資を申し込むことによって電話を回避する事も可能となっています。

 

書類の提出を行うために便利なのがインターネットからの申し込みで、各種書類の提出がスムーズに行えるのはもちろんのことそもそも電話による在籍確認がプロミスの場合行われないので、店舗に赴いて事情を説明したりするのが面倒だと言う人はこちらの方法をとれば在籍確認の電話を回避する事が可能です。

 

ただこの方法ですとプロミス側と相談などで調整していく事がほぼ不可能となってしまうので場合によっては審査に落ちる可能性もあります。

 

ですので確実に融資を受けたいというような事情がある場合にはしっかりと店頭まで赴き担当者に電話がNGであることを説明して相談しつつ進めていくことが一番です。

在籍確認のあるプロミスへの申込み方

まさかの会社の閉鎖に伴い

それまで忙しい会社の管理職として昼夜問わず働いていたので、ちょっと落ち着きたいなぁとアットホームで社員10人程度の企業へ転職しました。ですがプロミス在籍確認などでバレないかと少しだけ心配になります。

 

給与がアップすること、繁忙期以外はそこまで仕事が多くないこと、中小企業だけど実は上場企業の傘下、大手のクライアントがついているという安心感に惹かれたのがその会社を選んだ理由です。

 

しかし、入社してすぐにその大手クライアントとの契約が終了、親会社からも見捨てられ、会社の閉鎖が決まってしまいました。最後まで残って給与未払いなどが発生してしまうのは困るため、早く職探しに専念しようとクローズが決まってすぐ辞めました。

 

 

そして転職活動を始めたのですが、無職だと国民保険も税金も自分で払わなければいけないし、確定申告も面倒臭いしで、会社勤めではないことによる不自由さがあることを、このとき初めて知りました。


あと時間があるので余計なことを考えてしまうのが精神的に辛かったです。独身だし2ヶ月くらいで働きだしたので金銭面で困ることは特にありませんでしたが、もう経験したくないです。