カードローンの審査の情報源でもある指定信用情報機関

貸付側のリスク軽減と利用者の多重債務の防止も担う

信用情報機関とは、加盟している会社に登録している信用情報を厳重に管理することで私たち消費者は加盟している会社との信用関係を持って取引することを支えてくれる機関なんですね。

 

逆に言ってしまえば信用情報機関がいなくても取引自体は日常的に行われているのですから

 

 

加盟していない会社でもいいのでは?


となりますが、

 

 

利用者本人が信用性のある人物かどうかは情報がないとわかりません。


なので仮に莫大な資金が動く取引になると会社からしたら信用できるかどうか不安になりますよね。そういった大きい取引では信用情報機関に加盟している会社では消費者の信用情報が充実しているので快く取引が行えるということです。

信用情報機関への加盟は区別されている

ですが信用情報機関というのはCICやJICC、全国銀行協会等様々な機関があります。

 

 

それぞれの指定信用情報機関は何が違うのでしょうか?


CICは割賦販売や消費者ローン等、主にクレジットカード事業を運営している企業を会員とする信用情報機関なんですね。

 

なので消費者がクレジットカード会社にクレジットカードの発行を申し込んだときに、会社はCICと通じてその消費者の信用情報を見て審査しています。一方JICCでは消費者金融の事業を運営している会社を会員としている機関なんです。

 

指定信用情報機関というのは

 

 

それぞれに違う業種で信用情報をもった機関なのです。


例えばプロミスやアイフル等の個人への無担保での貸付の際にJICCは信用情報を会社に開示して審査の一つとしています。全国銀行協会は、そのままの意味ですが銀行関係の会社を会員としている機関です。